『よつばと』7巻を読んで牧場に行きたくなった新潟県民は上越市『ファーミーランド』を目指せ

長女が「私はー、犬より猫が好きなんだよねー」と言っていたので、じゃあ行くか!と牧場に連れて行ってあげたやなぎです。こんにちわ。長女の第一声は「ヤギじゃん!」でした。正解っ!!

 

長女「ヤギじゃん!」

ヤギだよ?

長女「え?ここ猫いるの?」

ボク「いないよ?」

長女「なんでヤギ?猫は?」

ボク「動物は犬と猫の2種類じゃない!!君はもっと広い世界を知るべきだ。ヤギを知り、ヤギも愛せ!」

長女「あ、エサ売ってる!エサあげよう!(聞いてない)」

次女「アイス!!!!!食べる!!!!!!(自由)」

 

猫とか犬はそこらへんにもいるので、前後の文脈を無視してでも『よつばと』7巻読んで盛り上がった気分を大事にしていくスタイル。これを逃したらなかなか行く機会がないからなー牧場。

 

丘の上にある広々とした牧場らしい牧場『ファーミーランド』

なんていうんですか?こう見渡す限りの草、草、草と柵! みたいな広大な敷地の牧場って北海道にしか無いと思ってたんですけど、新潟にもあるんですね!?やるじゃん新潟!(世間知らず)

これ!ボクが想像していた牧場はこーゆーやつですよ!!

山というか丘の上にある牧場なんで景色もいいし、「おーー、見晴らしいいなー」とか言って油断してると、すぐそばの草むらの中でヤギが草食べてて「出とるー!!柵から出とるーー!!ガビーン(すごいよ!!マサルさん!風)とビクッとするイナセな牧場。それが『ファーミーランド』。

ヤギのセキュリティがガバガバですよ

 

ちなみにヤギとヒツジしかいません。ほぼヤギ。牛はいない。

でも入場料は無料だから。いい所だよファーミーランド。

ヤギのお散歩体験

歩く気配ゼロのやぎさんと困惑する娘の図

したことあります?ヤギの散歩。これは結構レアな体験ですよ?

基本、ヤギさんは超自由。うちの次女より自由。

人とか全然気にしない。じゃれてこない。餌を持ってない人類には興味ゼロ。ただもっしゃもっしゃ草を食べるだけで全然動いてくれない

「おーい、散歩しようよー」ってリードを引っ張ってもガン無視。見向きすらしないからね。ヤギさんから「放っておいてくれ」っていう強い意志を感じる。

たまに思い出したようにあさっての方向へ走り出すので、ヤギの散歩というより、ヤギによる娘の散歩という方が正しかったかもしれない。

ヤギ(による娘)の散歩500円。オススメ。

赤ちゃんヤギの哺乳体験

哺乳瓶でヤギにミルクを。

散歩の時とはうってかわって凄い勢いで飛びついてきます。現金なヤツめ。

ミルクをもらうヤギは柵の外に出ているので触り放題。ミルクを飲んでる隙に横から「ボディがっ!がら空きっ!だぜっ!」とワッシャワッシャしてください。ミルク以外は興味が無いので触ってても無反応です。小さい子でも安心!

エサやり体験

柵から首を出してる子に食べさせましょう。ペロンッと食べられます。

乳しぼり体験とかヤギミルクアイスとか

牛はいないけど「ヤギの乳絞り体験」で乳は絞れます。絞りたがりの人も安心!やったね!

あと牧場の中にあるカフェで「ヤギミルクで作ったアイスクリーム」を食べれるので、なかなかどうして色々と楽しめます。いいぞー!ファーミーランド!

涼める場所が無いので夏場はちょっと大変なんですが、春とか秋の天気がいい日には最高のスポットなので是非行ってみてください。

そしてヤギの散歩をしよう(オススメ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です