【新潟県阿賀町】裏五頭山荘の釣り堀に行ってきた

娘たちと一緒に『放課後ていぼう日誌』を見ていたらですね、当然のことながら行きたくなるわけですよ。釣りに。

 

 

だが、

 

実際に釣りをやろうと思うと正直…

 

めんどくさい

 

竿用意しないといけないし、

仕掛けとか何を買えばいいかわかんないし、

この時期にどこで何が釣れるかわかんないし、

調べるのもめんどくさいし、

そもそも釣れない可能性の方が高いと思うし、

万が一釣れたとして、誰が捌くねん、ってなるし、

 

めんどくさいねん(2回目)

 

どうしよう?

メンドクサイことしたくないけど釣りはしたい…

 

 

………釣り堀か?

 

正解!

新潟の下越に釣り堀ってあるの?

人生の大半を下越で過ごしてきたけど、下越で釣り堀って聞いたことないんだよなぁ。

海があるから釣り堀って無いのかな?

とか思って探してたら

 

あったわ

 

裏五頭山荘に。

阿賀町かぁーーー!!

遠いなぁー!!

遠いけど行った。裏五頭山荘に。

楽をするためならどんな苦をも厭わない、そんな矛盾に心を囚われたまま1時間半ぐらいかけて行ってきましたよ。裏五頭山荘に。

自然あふれる五頭の山

着いたのはいいんだけど、釣りをするにはどうすりゃいいんだ?

釣り堀どこ?

と、目の前の建物に近づいてみると…

店の入り口で魚を焼いてるぅぅー!

 

というわけで、ここが受付です。

「釣りしたい」っていうと竿とバケツと餌を渡してくれます。

 

竿1本 150円(バケツ付き)

餌1個 50円

 

今回は長女と次女に竿を一本づつ。餌1個で合計350円。

 

餌は粘土の塊みたいなやつ。

1個買えば十分。二人で使っても使い切れません。

 

餌。ちぎってご飯粒ぐらいに丸めて針にひっかける。

 

釣り堀は受付から歩いて5分くらいのところにあります。

 

釣り堀へと続く道

 

下に見える二つの池が釣り堀

ここが裏五頭山荘の釣り堀か!

紅葉が始まってていい感じ。

バッタとかトンボとか虫もいっぱいいるねぇ。

 

橋の手前と奥で堀が区切られていて、手前側がニジマス。奥がイワナの堀になっています。

 

うようよ泳いでいるのが見える

 

ちなみにニジマスは釣るの楽勝です。

入れ食い。

バカスカ釣れる。

餌つけて投げれば秒で食いつきます。

 

幼稚園児でも釣れる

 

しかしイワナは

ほんっっっっに、マジで釣れない!!!!!!!

ちょーーー難易度高い!!!!

 

魚影は丸見えなんで、針を垂らす場所は悩む必要ないんだけど、

 

全然食いつかない

 

野生のプライドを感じる。

ニジマスには無い野生のプライドを。

 

負けず嫌いの長女が1時間ぐらいかけて一匹だけ釣った

 

ちなみに釣った魚は全部買取です。

ニジマスだろうがイワナだろうが1匹350円

調理してもらうなら+100円。

焼いてもいいし、唐揚げにしてもらってもよし。

釣った魚は受付に持っていこう

釣りが終わったらバケツを持って受付に戻ります。

釣った魚の代金と調理費を払ったら、建物の中の食堂へGO!

しばらく待ってると調理された魚が運ばれてきます!

焼き

唐揚げ

 

6匹も釣ったので4匹は串焼き、2匹は唐揚げにしてみました。

 

………うんまーーーーい!!

 

こういう時はさぁー、やっぱ炭火で串焼きっしょー!って先入観があったんだけど、

唐揚げがかなりイケる!!

あれ??唐揚げの方が好きかも!?

 

両方食べとけば間違いないね!

やっぱ釣り堀は楽でいいねぇ

手ぶらで行って、手ぶらで帰る。

楽だし魚は旨いし、裏五頭山荘の釣り堀なかなか良かったよ!

また行きたい

 

休業日と営業時間は公式サイトを確認してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です