【新潟市】里親さがし猫カフェ『おっぽ』へ行ってきたレポ

娘たちが「猫カフェ!」「猫カフェ!」とうるさいので、ついに生まれて初めて猫カフェなるところへ行ってきました。

今回訪れたのは~里親さがし猫カフェ『おっぽ』~です!

ただ「猫が可愛かったなぁー」というだけの内容なんですけど、

「そもそもここへはどうやって行くんだ!?」

ってところがみんなが困ると思うので、そこだけ書いておくね。


猫カフェ『おっぽ』へのアクセスと駐車場

アクセス

ピアBandaiの近く。交差点の対角側。

え・・・?ここって通って…いいの?っていう道を通っていきます。

途中からはアスファルトで舗装すらされてないですからね。

最高にインパクトのある三角コーンを超えて先へ

 

………化け猫かな?

 

突き当たって一番奥の左側が『おっぽ』になります。

猫カフェおっぽの駐車場

『おっぽ』には駐車場がありません。

なので付近の有料駐車場に停める必要があります。

 

最寄の駐車場は『パラカ新潟市三和町第1』

3時間200円と破格の安さですが、軽自動車しか停められません。

しかも5台まで。空いてればラッキー。

上の駐車場がダメなら『フレンドパーク三和町』へ。こっちは1時間200円。

最寄の駐車場はこの2つ。

猫カフェおっぽの料金、注意事項

料金

注意事項

注意

ストッキング、裸足はNG

もし靴下を履いていなければ1足100円で購入の必要あり

猫カフェおっぽの店内写真

古民家。

1階と2階にそれぞれ別の猫がいます。客は自由に行き来してよい。

写真撮影も自由なんですけど、フラッシュだけは絶対にNG!

猫が失明します。

餌は決まった時間に決まったものが与えられるため、客が餌をあげてはいけません。

(餌の時間に店にいれば、店員から貰って猫にあげることができます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です