一味ちがうキックボード『Frog Slide Scooter(フロッグスライドスクーター)』を買ってみた!(走行動画有り)

 

次女(年中)の誕生日プレゼントを探していたところ、本人より「コレ(フロッグスライドスクーター)がいい!」と強い希望があったため、購入を決定。

 

うん……確かにちょっと面白いかも…

 

『Frog Slide Scooter』はこんな感じだ!

キックボードとはちょっと違う

キックボードの仲間なんだろうけど、キックしなくても進むやつ。それが『Frog Slide Scooter』。

親子での2人乗りを想定して作られているので、子供が小さくても大丈夫!幼稚園児でもイケるぞ!

子供が乗るとどんな感じ?

うちの長女(小2)が乗るとこんな感じ。


小走りぐらいのスピード感。頑張ればもうちょい早くなる。

キックボードと比べるとちょっと遅いかなって感じ。

 

次女も1人で乗れないことはないんだけど、次女1人では動きがぎこちなくてあんまりスピードが出ない…

なので次女は親と2人乗りで楽しんでいます。

外観・パーツ

前輪

 

後輪

ブレーキがちゃちぃので過度な期待はしてはいけない。

平面では問題ないけれど、下り坂を滑走してるときにブレーキで止まろうってのは多分無理

 

ステップ

かなり広く作られているので2人で乗っても十分に余裕あり。

 

フレーム

ステッカーとかめっちゃ低クオリティで無い方がマシなレベル。

全体的に丁寧な処理とは言えないけれど、そこはまぁ海外製ということで…しょうがないかな。

買うときに気を付けること

サイズはMとLの2種類

サイズが2種類あるので身長に合わせてベストな方を選ぼう。

(どちらもハンドル高さは15cmぐらいの幅で調整できるので、MとLも大した差はないんだけど)

ちなみにステップからハンドルまでの高さは下記の通り

 

Mサイズ:68cm~83cm

 

Lサイズ:78cm~92cm

 

ちなみにボクは親も一緒に乗ることを想定してLサイズを購入したワン

購入を迷った類似商品

MASTORE キックボード

Frog Slide Scooterと構造はほとんど同じ。若干安い。

発売日からして多分Frogのパクリ商品なんだと思うんだけど、こっちはなんとタイヤが光る(超どうでもいい)。

 

んで、ちょっと無視できないのが耐荷重

商品ページでは85kgという記載なのに、実際の商品には65kgと記載されているらしい(商品レビューより)。

 

65kgが本当だと親子での二人乗りは厳しい。

商品も「親子で2人乗り」をアピールしていないので、多分65kgが本当なんだろうなぁ。

 

「うちは子供しか乗らないし」って人にはいいかも

Yフリッカー

 

Frog Slide ScooterにするかYフリッカーにするか迷ったんだよね

 

Frog Slide Scooterと構造は似てるんだけど、足を開いたり閉じたりするのではなく、体重移動によって前に進むタイプ。

動画を見てもらった方が早い。


 

アクション性はこっちの方が高くて面白そうだなーと思ったんだけど、5歳の年中には厳しすぎるだろうということで見送りました。

対象年齢は5歳以上なんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です