オカムラのバロンチェアからギシギシ異音がするときは『KURE 5-56』で対処するんだ!

バロンチェアをヤフオクで競り落としてから1年くらい。

ついに背もたれを倒すときにギシギシ、キーキーと異音がするように…

 

このときが…来てしまったか…っ!

 

中古だしなぁ…しょうがないよなぁ…と若干諦め気味だったんだけど、意外なほど簡単に治ったので備忘録として対処法を残しておくよ。

必要なもの

潤滑スプレー 『KURE 5-56』

異音対策の鉄板。『KURE 5-56

異音の元に吹きかければ大抵これでどうにかなる魔法のスプレー。

ドアがギィギィいうときもこれが有れば即解決するので、家に一本あると色々助かる。

 

マイナスドライバー

別にマイナスドライバーじゃなくてもいいんだけど、狭い隙間に突っ込めて、ゴジゴジとこじれる薄い金具みたいのがあればよい。

異音の元と対処法

バロンチェアの背もたれを倒したときに、回転の支点となるのは写真の赤丸部分

赤丸の回転部に潤滑スプレーが浸透すれば異音が無くなる!

黒いボルト

写真上部のむき出しになっている黒いボルトにスプレーを吹きかけます。

ボルトの脇からシューッといきましょう。

スプレーが飛び散ったり液が垂れてくるのを防ぐために、要らないタオルかなんかで周りをカバーしとくとグッド。

 

黒いボルトが差さっている箇所の裏側を見ると、下の写真みたいになっているので、ボルトが貫通している矢印部分もシューッとスプレーしておきましょう。

カバーの中のボルト

次は黒いカバーを外して、中のボルトにスプレーしていきます。

黒いカバーとシルバーのフレームの間にマイナスドライバーを突っ込むと、キュポってカバーがとれるはず。

カバーを外すとボルトが見えます。

先ほどの黒いボルトと同じように、ボルトの脇からスプレーをシューシューしましょう。

スプレーが終わったら

1.スプレーを吹きかける

2.背もたれを何度か倒す

を繰り返して、可動部に潤滑液を馴染ませましょう。

これを繰り返せば異音が無くなるはず!

 

さすが『KURE 5-56』だぜっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です