【新潟 上越】『わくわくランドあらい』がスゴい。話題にならないけどスゴい。本当に無料でいいの?ってレベル

めちゃくちゃイカした施設になったのに、その凄まじさがまったく話題にならない『わくわくランドあらい』。公式サイトですら超控えめ。設備すごいし、スタッフも多いのに。

なにこれ?客が増えすぎると困るから、あえて情報を発信しない系!?

でもダメー!ボクが発信しちゃうー!(空気読めない)

クライミングウォール

初心者用?のクライミングウォール(3m)と、

かぶり(壁が手前に倒れてるやつ)までついている8mの本格的なやつ。

8mってほぼ2階の天井だからね?下手なボルダリングジムより高いよ?

ハーネスをつけるので手を放してしまっても大丈夫。ゆっくり落下してくるから。むしろ登るより落下する方が面白そう。隣でやってた子は明らかに落下を楽しんでる風だった。

ハーネスはスタッフのおじいちゃんがつけてくれるんですが、どっちのクライミングウォールもお昼(11:45~13:00)はスタッフがいないので、その間は立入禁止、使用禁止。時間気を付けよう。

必要なのは内履きだけ。靴ならなんでもOK。クライミング用のシューズじゃなくても大丈夫。

土日祝と長期休みのシーズンは高校生以上使用不可。大人が使うなら平日だけだけど、大人は200円かかります。子供はいつでも無料。すごい…すごすぎるよ…専属のスタッフがいるのに無料だなんて。

いきものウォッチング

プロジェクターに投影されたキャラクターを動かして、妙高にいる生き物を探すというゲーム。時間経過で季節が変わるというめっちゃエモい仕様。ボクがやると「つきのわぐま」しか出てこない!なんでやー!!てか妙高につきのわぐまいるんだ!?こえぇー!!

 

 

体の動きとキャラクターの動きが連動するんですよ?そんなのが無料で遊べるなんてすごい時代ですよね?

その連動を活かしてですね、後半はどれだけスタイリッシュなポーズで生き物を見つけられるか長女と競争していたんですけど、ふと気づいたら順番待ちの子とそのお母さんにニヤニヤと見られてしまって超恥ずかしかったので、みんなは普通に生き物を探そう!

メビウスリングとか滑り台とか

オレンジのやつがメビウスリング。ぐるぐる回ってる人はハムスター気分が味わえる。ぐるぐる回ってる人を見てる人はハムスター飼うとこんな感じかな?って気分が味わえる遊具。

あと2階から1階へ降りる滑り台。滑り終えたら2階まで登らないといけないから結構な運動量になるけど、みんなコレ大好きだね。

 

ちびっこランド(未就学児童のみ)

ちびっこと保護者しか入れない部屋。部屋の外は小学生とかが走り回っているから、ここにいれば安全だね。

そしてなんとここにもクライミングウォールがある。どんだけ登らせる気!?どこを見てもクライミングウォールが目に入るよ!!サブリミナルだね!

雪山オリンピア(スキー、スノボ的なゲーム)

Wii fitみたいなボードの上に乗ってスキー、スノボを疑似体験しようゲームなんだけど、これだけはちょっといまいち。

目の前のテレビには録画された映像が流れてるだけで、自分でキャラクターを操作するわけでない。画面に矢印がでたら、そのタイミングで体重移動するだけ…

FF7のスノボゲームのほうが遥かに面白いね。

 

休憩所

飲食はここで。

写真には写っていませんが、自販機があるので飲み物はここで調達できます。

さすがにここの壁は登れません。よかったー!

 

屋外(庭)

庭にはもともと小高い山みたいなやつと、巨大な滑り台みたいのがあるんですが、雪が積もっていればそこでソリ遊びも可。ちょうどいいんだ。この高さが。この写真は巨大な滑り台の方。

スタッフ的には「雪除けとかしてないんで通路も何もないんですが、遊びたければどうぞ? ロープが張ってあるところは危ないから行かないでね~」って感じでした。

ちなみに遊んでたのはボクと長女の二人のみ。妙高の人はわざわざ外で遊ばないのかもしれない。どこを見ても雪だらけだしね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です