小阿賀野川サイクリングロードをロードバイクで走ってきた


「新潟」、「サイクリングロード」で検索すると、必ず出てくるコース。

それが『小阿賀野川サイクリングロード』

 

どんなもんだか一度は走ってみないとね

サイクリングコース紹介動画

コース概要

阿賀野川と信濃川を結ぶ小阿賀野川の右岸がサイクリングロードになっています。

STRAVAのコースはコレ

https://www.strava.com/routes/2866322811117418424

【スタート】亀鶴橋

地図上の緑丸からスタートします。

小阿賀野川が信濃川に合流する地点ですね。

逆の阿賀野川方面から走ってきても問題ありません。

路面状況

舗装はされているので全体的に路面状況は悪くないのですが、雑草が生い茂っているせいで道幅が極端に狭い箇所があります。

狭いところだと道幅1mぐらいしかないかも。

大部分は2m~3mぐらいあるんだけどね。

雑草のせいか虫がけっこう飛んでいるのでアイウェアは絶対つけていったほうがいいよ。

 

ボクはジョーブレイカー!!

信越本線の下

コースのちょうど真ん中あたりに信越本線があるのですが、右の川側に下りるルート左の道路側に下りるルートに分岐しています。

自転車から降りたくない人は左側へ、険しい道を行きたい人は右側へ行きましょう。

動画の方でも右側へ下りてますが、そちらだと信越本線をくぐった後に階段を上ることになります。

階段真ん中が坂になっているので、足に自信があれば自転車に乗ったままでどうぞ。

斜度40度くらい?

 

いや、ダメだろ

【ゴール】満願寺水門

阿賀野川が小阿賀野川に分岐する地点、満願寺水門がゴールです。

全体を通して

全長約 10 km

悪くはないんだけど、道幅・路面のどちらをとっても信濃川沿いの下位互換といった感じだろうか。

 

小阿賀野川と信濃川のどちらにでも行ける人なら、こっちを選ぶ理由は特にないかも

 

アクセス

スタート地点の亀鶴橋

おすすめアクセサリ

周囲の音もちゃんと聴こえる骨伝導イヤホン『Aeropex』

超お気に入りのイヤホン『Aeropex

骨伝導なので耳を塞がずに音楽が楽しめる、まさにサイクリングのためのイヤホン。

普通のイヤホンだと道交法違反で警察に捕まっちゃう可能性があるけど、骨伝導なら周囲の音も聞こえるから安心だね。

装着感が最高なのでサイクリングに限らず外出時はずっと着けてる。

【骨伝導】日常生活で重要なのは「装着感」なんだ! Aeropexで音楽と共に日々を過ごせ!【サイクリングでもな】

OAKLEY(オークリー) JAWBREAKER

日本で買うと3万円以上するけど、海外通販だと半額で買えるからね…

届くまでに時間かかっていいなら海外通販一択。

WiggleでJawbreakerの値段を見てみる

CRCでJawbreakerの値段を見てみる

撮影機材

OsmoPocket

サイクリング動画はOsmoPocket(初代)で撮影してます。

CamKix チェストマウントハーネス

OsmoPocketをチェストマウントで胸のあたりに固定して撮影。

GoPro用なんですが、アクセサリを付ければPocketでも装着可能

OsmoPocket 拡張キット

GoPro用マウントに装着するためのアクセサリと、Pocketをスマホで操作するための無線モジュール。

チェストマウントに装着しているとカメラがどこを向いてるかわからないので(液晶が見えないので)、これを使って映像を確認しながら撮影してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です