新潟市にコストコ出店するという件、ほぼ確定なのでは!?

2022年9月、町内のイベントに出席してた市議会議員が「鳥屋野潟にコストコできますよ」と言っていたらしい。(市議会議員と雑談していた町内会役員から聞いた)

やなぎ
やなぎ

これはもう確定じゃない?

ニュースを確認してみよう

ここ最近で一番新しいニュース

2022年3月なので半年も前になりますが、一番新しいニュースは新潟日報のこちら。

要点

・地権者と協力事業者が倉庫型集客施設・物量施設の誘致を計画

・市は計画が具現化しつつあるとして農地の土地利用変更に向けた調整に着手

・市は「計画が実現すれば交流人口拡大に繋がるため早期に開発できるよう支援したい」とのこと

工事着工までに時間がかかりそうだね

農用地区域からの除外が必要になるがハードルが高いらしく、地域未来投資促進法を利用して農用地区域から除外しようとしているらしい。既に開発予定エリアを重点促進区域とする手続きに入ってるとのこと。

やなぎ
やなぎ

農振除外して農地転用して開発許可を取るって流れだよね

この規模の広さだと農振除外の許可を出すのは国(農林水産大臣)になるかも?そうなると許可を取るだけで1年くらいはかかりそう。4ha以下で収めるなら国の許可は不要になるけれど、地域未来投資促進法が経済産業省の絡みだから結局のところ国から承認貰わないと進まない感じだね…

新潟市の動き

上記新潟日報の記事の最後に記載されていた市議会の議事録も確認してみる。

2022年2月定例会

新潟市議会の定例会(2022年2月)で「鳥屋野潟南部開発計画の現在の状況はどうなってるの?」という質問が出ており、それに対する回答が以下。

◎都市政策部長(柳田芳広) 鳥屋野潟南部開発計画は、鳥屋野潟南部の約270ヘクタールをウェルネスゾーン、国際文化・教育ゾーン、総合スポーツゾーン、そして御指摘の住居ゾーンの4つのゾーンに分けて、新しい都市機能の導入を図っていくことを主な目的に、新潟県、亀田郷土地改良区と本市の3者による鳥屋野潟南部整備推進協議会を立ち上げ、平成元年より開発を推進してきております。

 開発計画エリアの東側の住居ゾーンの未開発区域約50ヘクタールについては、地権者が土地区画整理事業に向けた準備組合を設立し、開発を検討しており、現在、倉庫型集客施設や物流施設などを誘致する予定としておりまして、具体化しつつある状況にございます。本市としても、この動向に注視しながら、人口減少や都市間競争の激化などの社会情勢の変化や、スポーツ公園を中心に市外、また県外からの来訪者が多い地区の特性を踏まえ、土地利用を検討してまいりました。

 このような中、当ゾーンにおいては住居だけではなく、交流拡大を図る複合的な土地利用がふさわしいと考え、鳥屋野潟南部整備推進協議会に諮った上で、住居・交流拡大ゾーンとして名称変更する調整を行っております。引き続き、早期に開発が実現できるよう、地権者の活動を支援するとともに、関係機関との協議を進めてまいります。

令和 4年 2月定例会本会議-03月04日-06号

2022年6月定例会

新しい情報は無いのかな~と思って6月の定例会議事録も見てみたのですが、「鳥屋野潟南部は防災拠点として整備するっていう話じゃなかった?なんで商業地域として開発しようとしてるの?」っていう質問の流れで倉庫型集客施設について言及されてました。

◎都市政策部長(柳田芳広) 鳥屋野潟南部開発地区は、都心の機能を補完する役割の位置づけとともに、市民病院や消防局中央消防署が配置されるなど、防災拠点としての機能もおおむね有していると考えております。

 このような中、未開発となっている地区東側の住居・交流拡大ゾーン約50ヘクタールの区域では、現在、関係者が防災機能の強化が期待でき、他都市において災害時の支援実績もある倉庫型集客施設や物流施設などを中心とした開発計画について検討を進めており、防災拠点として一層の機能向上につながるものと考えております。

令和 4年 6月定例会本会議-06月20日-03号
やなぎ
やなぎ

6月の時点でもまだ「検討を進めている」っていう表現だね

ちなみに議事録読んでると、高橋三義って議員が「鳥屋野潟南部に新しい商業施設ができたら古町や本町、旧市町村の商店街が寂れるだろ!」と言って反対してました。

やなぎ
やなぎ

問題は「新しい商業施設ができること」ではなくて、「既存の商業施設に魅力が無いから」だと思うので、鳥屋野潟南部開発を止めても根本的な解決にはならないよね

個人的には新潟2kmとか言って古町の方にやたらリソースを割いている現状が意味不明。そこまでして古町を延命させるメリットって何…?古町ではなくアクセスの良い駅南(鳥屋野潟)方面を開発したほうが市民に喜ばれると思うんだけどな

2022年9月定例会

議事録がまだ公開されていないので、公開後に追記します。

一般質問に「鳥屋野潟南部開発」が挙がっているので、また議論されているはず…!

そもそもコストコの出店条件は満たしているのか?

出店条件(コストコジャパンのHPより)

  1. 高所得層マーケット
  2. 半径10kmの人口が50万人以上
  3. 企業が多い地域
  4. 敷地面積 10,000坪以上(ガスステーション用敷地を含む)
  5. 建築面積 約4,500坪
  6. 半径10km=人口50万人以上
  7. 用途地域=準工、商業、近隣商業(売り場面積1万㎡超)
  8. 駐車場収容台数 800台以上
  9. 車のアクセスの良い物件
  10. 購入・定期借地(40年以上)・建貸

だいたいの条件は満たしているような…?

⑦の用途地域に関しては現在農地なので明確にNG。ここが変更できなければどうしようもないので市に頑張ってもらいたいところ。

あと①の高所得層マーケットというのが少し気になる。平均年収がどの程度あれば高所得層と見なされるのだろうか??新潟県の平均年収って全国で下から数えた方が早いからなぁ…(だいたいいつも30位より下)。

市町村というくくりで見れば新潟市は500位くらい(1700中)なので、上位と言えなくもない??

新潟コストコのオープンの時期は?

他県での工期

大阪府門真市 2021年7月着工、2023年春オープン

群馬県明和町 2022年5月着工、2023年春オープン

栃木県壬生町 2021年8月着工、2022年6月オープン

門真市だけやけに工期が長いけど、他エリアでは1年くらいで建設が終わってるみたい。

新潟のオープン時期は?

現時点で建設予定地が農地なので開発許可を取るまでに時間がかかるのと、冬季に地盤改良する可能性は低いということから、最速でも着工は2023年春頃。建設に1年かかるとしてオープンは2024年の春~夏ぐらいじゃないでしょうか。

まとめ

地権者も市もコストコ誘致に向けて動いているのは確かっぽい。

「農地の土地利用変更に向けた調整に着手」が農振除外、開発許可の事前協議を指しているのであれば、申請のための図面をコストコが作成しており、既に市に提出されているはず。

となれば、大きな障害は「農地から商業用地への変更が認められるか」という点だけだと思うので、ここの見通しが立ったタイミングで正式な発表が出てくると思われます。

やなぎ
やなぎ

年内に正式な発表が出てほしいよね!!

頼むぞ柳田都市政策部長!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です