平成30年度 教研式NRTで算数100点を取った勉強法(小1)

長女「今回のテスト全然だめだったー」

ボク「へー珍しいねー。どんなテストだったんー?」

長女「なんかいつもと違うテスト。これ結果ー」

ひゃ、ひゃ、ひゃ、100点やーーーん!!

長女「国語は間違えちゃったし…」

きゅ、きゅ、きゅ、94点やーーーん!

点数も驚きだけど、謙遜が7歳らしからぬ嫌味な感じでそっちも驚くわーー!!!

ドヤって!! ドヤっていいから!! 忘れないで子供心!!

で、『教研式NRT』って……何?

教研式NRTってなに?

図書文化社ってところが提供している標準学力検査。昭和25年からやってて歴史があるのと、日本で一番実施されているのがウリ。らしい。全国平均と自分の点数がわかる。

全国的に実施されているとのことなんだけど、エリートが集まる私立や国立の学校ではこの検査をやっていないらしいので、点数が高くてもいい気にならないでよね!っていう情報もあり。ツンデレか!

ちなみに問題は返却されず、結果しか渡されないため何をどう間違ったのかは不明

長女(小1)の結果

  • 国語   94点 (全国平均 68点ぐらい)
  • 算数 100点 (全国平均 67点ぐらい)

アドバイス的なことも書いてますが、結構ふわっとした内容なのであんまり参考にはならない。

長女がしてた勉強

年中ぐらいまではベネッセの『こどもちゃれんじ』

ベネッセの『こどもちゃれんじ』をやってたんですが、この年齢だと勉強というよりは「挨拶」「着替え」「トイレトレーニング」の様な、どちらかというと生活にフォーカスされた内容なので、 今の学力にどれだけ寄与したかは不明。

しかしながら、文字とか数字で遊ぶためのオモチャ(ベネッセでいうところの”エデュトイ”)の質は良いので、勉強を始める前のとっかかりとしては最適だと思う。

特にこだわりが無くて、「知育玩具ってどんなの買えばいいの~~?」って悩むぐらいなら『こどもちゃれんじ』をやって毎月オモチャを送ってもらうのが限りなく正解に近い。

ベネッセ こどもちゃれんじ 資料請求プロモーション

数字を覚えるために『トランプ』や『UNO』も取り入れたりしたけれど、詳しくは関連記事の方で。

ごく普通の一般家庭における幼児教育の実例。これやっとけばとりあえず小学校1年生で困らない

年長になったらアプリの『算数忍者』(100マス計算の代替)

足し算、引き算の数をこなしてスピードを上げるために公文や学研のドリルをやってたんですが、地味にコストがかかるし、子供のモチベーションも上がらないし、ボクも丸付けもめんどくさいという三重苦に嫌気が差したので、全てを解決するためにアプリ『算数忍者』に移行

ドリル1冊買うより安いし、これやってるだけで学校の算数のテストなんて余裕で80点越えてくるはずなんでコスパ最強

繰り上がり、繰り下がりの計算が脊髄反射でガンガンできれば小1レベルはほぼ無双なんですよ多分。

どんなアプリなのか詳細は関連記事の方で。

ドリルを買ってる場合じゃない!小1の算数はアプリで徹底的に叩き込むっ!

小1になったら『スーパーエリート問題集』、『絵で解く算数』

計算スピードに不安が無くなった時点で相当いい点数が取れるはずなんですけど、文章題が解けないと満点には届きません

問題文の読解力は何で鍛えるか。

まずは『スーパーエリート問題集』の付録「おもしろ文章題 えかき算」から始めて、次に『絵で解く算数』。最後に『スーパーエリート問題集』という順番がオススメ。

「おもしろ文章題 えかき算」と『絵で解く算数』はどちらも糸山メソッドの問題集で、「文章を読む⇒文章の内容を絵に描く⇒絵から答えを出す」という計算を重視しない珍しいタイプ

「理解していないものは絵に描けない」ということで、文章の意味を読み取るのと同時に、内容を図に落とし込むトレーニングのために購入。

この方面に特化した問題集って貴重だよね

糸山メソッドには実はもっと深い理念があるので、興味があれば関連記事を。

小学1年生 良質な算数の文章問題集を探して見つけた『糸山メソッド 絵で解く算数』 100ます計算の弊害から目を逸らすな!糸山泰造先生の主張から考える娘の教育方針

ここまでくれば学校のテストでほぼ毎回100点が取れるはず。あっても勘違いで1問落とすかどうか。

このレベルだと学校の授業が簡単すぎて張り合いが無くなると思うので、最後は中学受験用テキスト『スーパーエリート問題集』で高みを目指していきましょう。

中学受験の予定はないけど
算数の授業が退屈でしょうがないなら『スーパーエリート問題集』でやる気を刺激っ!

教研式NRTは問題が返却されないので言い切ることはできないけれど、さすがに『スーパーエリート問題集』レベルの問題は出てないんじゃないかなー。学校のテストとは比較にならないほどエグい問題があるから。このレベルが出題されるてると全国平均もエグいことになってるはず。

 

結論:算数忍者と糸山メソッドやればOK

公立の小1なら算数忍者と糸山メソッドの問題集やってれば無双。私立や国立は知らぬ。

 

???「教研式NRTがやられたようだな…」

???「ククク…奴は我ら四天王の中でも最弱…」

???「公立ごときにやられるなど学力検査の面汚しよ…」

 

なんだって!? 教研式NRTより難しい学力検査が迫ってきてる ??

確かにすげぇ気だ。教室全体が震えてるみてぇだ。まったく…やっと春休みに入ったのに勘弁してほしいぜ。

次回、ボクと娘と娘と妻と「全国統一小学生テストの季節」絶対見てくれよな!(嘘)

2 COMMENTS

N氏

いくつか記事よみました!
ゆるーいけど、小学生のパパ向けのブログっていうのがしっかり伝わるいいブログですね!
せっかくなので、登場人物のキャラクタなんかあるとイメージできてとってもいいなーって思いました。

やなぎさんの雰囲気が伝わるブログでなんだか気持ちがほっこりしてきました。
また遊びに行きますね!

返信する
やなぎ

N氏ありがとう!
キャラクターの件、参考になります。ちょっと考えてみたいと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です