革靴つま先の傷をめっちゃ適当に補修して、それなりに良い感じにする『エム・モゥブレイのクリーム』

『ANTONIO DUCATI(アントニオデュカティ) DC1174』を通勤で使う

以前Amazonのセールで購入した、親の七光りデザイナーの革靴『アントニオ・デュカティ』なんですが、ロングノーズのせいか歩いているときにつま先をぶつけまくってしまい、つま先がひどいことに。

 

側溝のフタの間によく引っかけちゃうんだよね…

 

ネットでつま先の補修について調べたら

「クリーム塗っておきゃなんとかなる」

的な情報があったので、試してみることに。

『M.モゥブレィ シュークリーム』で雑に補修を試す!

ネットで調べてると、誰も彼もが

コロンブスのシュークリーム』か『アドカラー

を塗りたくっているようなのですが、

 

 

欲しい色の在庫が無い…あっても送料がボッタ!

 

なので、

「もういいわ!会社の帰りにLOFTで買ってくるわ!」

と店舗まで出向いたんですが、そこにも在庫なし!

しょうがないので適当に選んで買ってきたのがコイツです。

 

頼むぞ…Mモゥブレイ!よく知らんけど…

トロットロです。

『M.モゥブレィ シュークリーム』をマジで適当に塗る。

クリームの塗り方で検索をかけると、

「まず馬毛のブラシで~~」とか

「やすりをかけて~~」とか

得意げに書いてあるんですが、ガン無視します。めんどくせぇ!!(最近の労働時間がパないので心に余裕が無い)

適当にちょちょい!と拭いてからいきなり塗り始めるストロングスタイル。

「綿棒で傷の所に塗るとイイ」とかどこかに書いてあったんで、綿棒は使う感じで(すぐ近くにあったから)

でもこの綿棒の話、よく考えるとクリームじゃなくてアドカラーとかの話だったのかも…

 

まぁいいや!いっっけぇぇーーーーーーーー!!!

 

めっちゃムラになるやん…

 

いや、わかってた。わかってたけどね。

多分ムラになるだろうとはわかっていたけど、僅かな希望にかけてみたかったんだ…

 

しょうがないのでちゃんと布を使って塗り込むことにします。

小さく円を描くように塗るといいらしい。

まぁ、実際は適当に塗ったんですけど(反骨精神の塊)

結果

どうですかね?

完璧とは言わないまでも、多少はマシになったかなって感じするね?

上からみるとほとんど傷が気にならないじゃん!?

ボク的には全然OK。適当に塗ってここまで補修できるなら、超絶OKですわ。

ちなみにクリーム塗った後に艶出しスポンジで適当に磨いてます。

スポンジ便利よね。

 

トータル作業時間10分程度。

クリーム800円ぐらい。

こんなに簡単に傷をごまかせるなら、もっと早くやればよかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です