オカムラ バロンチェアの可動式ヘッドレストがゆるくなった時の対処法

バロンチェアの可動式ヘッドレストをオークションで落札したので、うっきうきで取り付けたのですが

 

動きがめっちゃユルいんですけど…

 

え?これほんとに未使用品??

うそやろ……

使い倒してゆるっゆるっになってるんじゃないの……?

ヘッドレストが頭を支えてくれない

左側の写真のように、ヘッドレストを前に倒して使いたいんですよ。

前に倒した状態の方がリクライニングしたときにちょうどいいから。

でもですね、いざこの位置にセットして、頭をヘッドレストに預けると

 

スコーン!!!!

 

と、実にあっさり一番後ろまでヘッドレストが倒れてしまうのです。

右の写真のように。

 

動きがゆるすぎて全然ヘッドレストが調整できないーーーーー!

可動式買った意味がねぇーーーーー!

ヘッドレストの動きを固めに調整する

新品のヘッドレストは動きがめっちゃ固くて、頭を置いた程度ではセッティング位置が動くことはないのです。

なので、この状態は明らかに異常。

 

絶対どこかで調整できると思うんだけど…

 

と、色々こねくり回してみたところ……発見!

STEP.1
カバーをはずす
赤い線で囲った部分がカバーになっているので、プラスドライバーでネジを外してカバーを取っ払ってください
STEP.2
ネジを締める

カバーを外すと中に六角ボルトがあるので、それをギュワーっと両方しめつけます。

このボルトを締めれば締めるほど前後方向の動きが固くなるよ。

ちなみに六角ボルトは4mmなので、4mmの六角レンチを用意してね!

STEP.3
カバーをつける

最初に外したカバーを取り付けて、ネジを締めましょう。

これで完成!

ちなみに今回紹介した調整用ボルトの穴径は4mmなんだけど、ヘッドレストの取り付け・取り外し用ボルトは3mmなので、結局3mm、4mm両方の六角レンチが必要。

六角レンチのセットを1つ持っておくと色々はかどるよ。

 

ヘッドレストの取り付け方は創和オカムラ専門店のブログを見ればわかるから!

調整できてよかったー!!

ほんと調整できて良かったー!!!

15,000円も出して購入したのに飾りになるとこだったーー!!

 

これさえ分かっていれば、次ゆるんでしまったときも安心だNE☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です