三井住友プラチナプリファードをメインカードにしたのでメモ

今までは三井住友ゴールドカード(年会費無料)をメインにしていたけれど、プラチナプリファードに乗り換えました。

プラチナプリファードの基本情報

  • 年会費:33,000 円(家族カードは無料)
  • 還元率:1.0 %以上
  • Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター利用可能(プラチナのコンシェルジュデスクは利用不可)
  • プライオリティパス無し
やなぎ
やなぎ

還元率は高めだけど、年会費が高すぎて元が取れない……?

SBI証券の【三井住友カードつみたて投資】をベースにして(ほぼ)元を取る

SBI証券では三井住友カード払いで投資信託が購入できるのですが、このプラチナプリファードを使うことで5%のポイントを獲得できます。

  • 1か月あたりの投資信託購入上限:5万円
  • 1か月あたりの獲得ポイント:2,500円分(5万円の5%)
  • 1年(12か月)の獲得ポイント:30,000円分(2,500円 × 12か月)

年会費が33,000円なので、投資信託で貰えるポイントを差し引けば、実質的な年会費は3,000円

やなぎ
やなぎ

積立NISAで投資信託買ってる人であれば年会費は気にならないレベルだね

ボーナスポイントで実質還元率を上げる!

100万円利用ごとのボーナスポイント

「年会費3,000円で還元率1%のカードか…微妙じゃない?」

と思いがちなんですが、プラチナプリファードは100万円使うごとに10,000円分のボーナスポイントが付くので、利用額が多ければ多いほど還元率が跳ね上がります。

  • 100万円の利用ごとに10,000円分のポイント付与(最大40,000ポイントまで)
  • 200万利用すれば20,000ポイント、300万利用すれば30,000ポイントがボーナスで貰える
  • 230万円利用した場合、通常ポイントが230万 × 1% =23,000ポイント
  • 200万円利用達成分のボーナスで20,000ポイント
  • 230万円利用で合計43,000ポイント獲得⇒還元率 約 1.9 %
やなぎ
やなぎ

三井住友ゴールドカードも100万円利用で10,000ポイントのボーナスがあるんだけど、ゴールドは10,000ポイントが上限なんだよね。200万使っても300万使っても貰えるボーナスは10,000ポイントまで。

100万円利用ボーナスにカウントされないもの

以下の利用は100万円利用としてカウントされないので要注意

やなぎ
やなぎ

SBI証券の投信購入電子マネーのチャージはカウントされないんだよなぁ…

プリファードストアのボーナスポイント

プリファードストアと呼ばれる特定のお店では還元率が上がるので、実際にはもっとポイントが溜まります。

コンビニ、ファミレス、カフェ、ドラッグストアのありとあらゆるメジャーなチェーン店で2%~5%還元だよ。

やなぎ
やなぎ

セブン、ローソン、マクドナルド、ガスト、サイゼ…みんな5%付与…強い!

入会キャンペーンの40,000ポイント + 紹介で10,000ポイント

あとは入会時の条件達成で40,000ポイント貰えるくらいですか。

  • 入会月の3か月後末までに40万円以上の利用で40,000ポイント

以下のリンクから申し込みすると紹介ということで+10,000ポイント貰えるのでご自由にどうぞ。

プラチナプリファード紹介用リンクはこちら

やなぎ
やなぎ

紹介リンクから申し込みして3か月で40万使えば、年会費差し引いても入会特典だけで1,7000円分くらい儲かるので、1年解約スタイルだとしてもそこそこウマいか?

まとめ

重要なのは「投資信託の5%」と「100万利用ごとのボーナスポイント」

毎月5万円の投資信託で年会費を回収し、100万利用ごとのボーナスポイントで高還元を達成できるというのがプラチナプリファードの強みであり、今回メインカードを切り替えた理由になります。

なので、このどちらかが改悪されたタイミングでプリファードを解約する予定。

既にSBIで積立NISAやってる人にはオススメ

SBI証券で積立NISAやってて毎月33,333円分の投資信託を購入している人であれば、積立額を5万まで増やすだけで年会費の元が取れるので、普段の支出をプラチナプリファードに全振りすれば高還元狙えます。

やなぎ
やなぎ

投資はしたくないけどプラチナプリファード持ちたいって人は毎月5万円分の投資信託を購入して即売却すればいいよ(天才の発想)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。