【DIY】地デジアンテナ買って屋根裏に置いたら普通にテレビ見れた【工事不要】

「最近はテレビ見ない人も多いのでアンテナは付いてないんですよ」

「配線はしてあるので、必要があればアンテナだけ取り付けてください」

と、パワーホームの建売を購入したときに言われたんですよ。営業の人に。

 

ボク自身、テレビなんて見ないので「全然問題ないわー」と考えていたんですが

「災害のときにテレビ見れないの困る!」と妻がワーワー言うので、しぶしぶアンテナ設置を検討。

 

工事費ってどのくらいなんだろ………3万!? 微妙に高っ!!

 

アンテナ本体はいくらなんだ…?

6,000円ぐらいか…

 

こんなの外壁に取り付けなくても、屋根裏に放り投げておけばテレビ映るんじゃない…?

木造なんだから電波通るだろ

 

と思って屋根裏に放り投げたら普通にテレビ映りました!!

完全勝利!!

買ったのは屋外用のDXアンテナ:地上デジタルアンテナ 『UAH261』UHF平面 (26素子相当)

屋外用アンテナ『UAH261』

これを買いました。屋外用のアンテナです。

室内用アンテナはダメだった

実は『UAH261』を買う前に、室内用のアンテナ(2,000円ぐらいのやつ)も買ってみたんですけど、室内用は性能がイマイチ。

アンテナを持って部屋の中をウロウロしてると、テレビが映るポイントが有るには有るんですが、そのポイントが部屋のど真ん中の空中だったりするので、

 

アンテナ固定できないじゃん…

 

と悲しい結末に。

 

なので、

「利得(電波を使えるパワー)がもっと大きいアンテナじゃないとダメだなぁ」

って感じで探していくと、やっぱ屋外用アンテナになっちゃいました。

テレビの配線を確認して接続しよう

テレビの配線システム

外にアンテナがあって、

アンテナから屋根裏の分配器に同軸ケーブルが入って、

分配機の出口から各部屋のコンセントへ更に同軸ケーブルが伸びている。

 

大体みんなこんな感じの構成になっているはずです。

分配器

上の写真がボクんちの分配器です。

屋根裏の点検窓開けたらすぐ近くにありました。

 

左側の真ん中が一個だけ「入力」と書いてありますが、これがアンテナに繋ぐケーブルになります。

買ってきた『UAH261』をこのケーブルに繋いで終了です。

 

繋いだらテレビの初期設定?受信設定?みたいなやつをしてください。

受信感度が低ければアンテナの向きをグリグリを動かしましょう。

アンテナをテレビ塔の方に向けると良い。

もうちょっとだけ電波が足りない!というときは

アンテナの向きを変えても、もうちょっとのところで映らない(涙)なんてときは

ブースターを買って一緒に取り付けてしまいましょう。

『UAH261』にセットで付けられるブースター『U43A』です。

 

実はアンテナとセットでこのブースターも注文してたんですが、ブースター付けなくてもテレビがあっさり映ってしまったので返品しちゃった!

 

ラッキー!!

今回買ったもの

屋外用地デジアンテナ『UAH261』

『UAH261』用ブースター『U43A』

無くてもテレビ映ったんで返品したけどね

同軸ケーブル(地デジ アンテナケーブル)

テレビとコンセントを繋ぐためのケーブルが無かったので購入。

ケーブルが長いと信号が減衰してしまってテレビが映りづらくなるから、基本的に短いケーブルが好ましい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です